投稿者アーカイブ

テーマデザインを一新しました

働いたら負けだと思っている運営サイト担当しのぽです。
今までのデザインにも飽きてきたのでプロの方が作ったデザインに変えました。手作り感バリバリで垢抜けなかったお宅が、なんということでしょう、スタイリッシュに洗練されて見やすくなったではありませんかw
ひとつひとつカスタムしていったので前のデザインはお気に入りだったんですがね、まぁあまりにも土臭いんで(^^; でもこだわりのロゴマークだけは旧宅から再利用。匠の心憎い演出におばあちゃんも思わず涙が・・・。
そんなわけで今後とも長いお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

活動報告とゲームリストについてのおしらせ

毎度ご参加ありがとうございます。サイト運営担当のしのぽです。

ありがたいことに重げ会も第10回を数えましたが、第5回から滞ってるという体たらくの活動報告と更新を怠けきっていたゲームリストの公開形式を一新しました。活動報告はアルバム形式のcgiに、ゲームリストはGoogleドキュメントに替えます。
更新が滞る理由は至極簡単で「面倒臭いから」だったものですからそこの解決策として誠に勝手ながらこちらの更新しやすい形式とさせていただきました。見づらい部分もあるかと思いますが何卒ご容赦ください。そのかわり更新を滞らせないようお約束努力します!
活動報告は第5回~第8回までの画像を、ゲームリストはデザイナー等歯抜けになっている情報を、それぞれ近日中に更新いたします。

ゲームリストについてはタイトルの記載だけなら完成しておりますので、参加を希望される際に是非参考下さいませ。

活動報告は こちら / ゲームリストは こちら (右側のサイドバーからもご覧いただけます)

これからもどうぞ重げ会をご贔屓下さいませ<(_ _)>

[04/21] テレストレーション

一日中重いゲームをプレイしているとこのゲームをやりたくなる中毒者が集まって久々にテレりました。(←流行らせようコレ!w)
今回は7人でのプレイでしたので、ページ「7」の絵を見て「これなーんだ?」と最終的な答えを全員で答えてページ「8」に書くというルールにしました。パーフェクトこそ出ませんでしたがもちろん大爆笑のMVPが3作品!何度やってもコレジャナイ感がハンパなくてたまりませんw

作品を見ていただく前にこのゲームについて軽くご説明します。テレストレーションは4人~8人まで遊べるお絵かき伝言ゲームです。
各自9ページあるホワイトボードのノートとペンを手渡され、お題カードをランダムで選びます。お題カードには片面6つ、両面合わせて12個のお題が書かれているのでサイコロを振って出た目のお題を選びます。お題カードのどちらの面を使うかは、ゲームの準備中にGMが決めておきます。お題が決まったら自分の名前とお題を書いて準備完了。以下、こんな風に進みます。

    8人ver.
  1. ページ「1」にスタートプレイヤーが絵を描く。(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  2. ページ「2」に「1」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  3. ページ「3」に「2」の文字を見て絵を描く(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  4. ページ「4」に「3」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  5. ・・・・・・ページ「8」まで交互に絵と文字で伝言していく
  6. ノートが一周しスタートプレイヤーに返ってきたら答え合わせ
  7. 禁止項目:記号・台詞・ムック


なんですか・・・この抽象的にもほどがあるこのお題は。「くたくた」を絵に描けと。しかも1分で。あほかw
検索にひっかかるのはどれもぬいぐるみばかり。これは難題だ。どうするしおくん・・・!
しおくんの答えはこちら。
あー、なんかぐったりはしてる。ぐったりはしてるが犬だ。イヤな予感しかしないw
ほらやっぱり犬に注目されたーw ダヨネーw
ゴールデンレトリバー → 盲導犬
と読んだレテさん。しかし・・・
ペンタさんにハーネスは伝わらなかったw
水無月さん曰く「首輪といえばブルドックとかのギザギザでしょー!」
そのトゲトゲがアダにwwwwwww
いやもうカッパ描くしか(´・ω・`)
全員一致でカッパ。くたくたどこ行ったw このお題は酷いわぁw





これまたわたしの生活になんの接点もないお題キター。
検索した画像見たらああこうやって描けばよかったななんて思うけど、ゲーム中はリムジンだってわかってもらおうと必死で気づいたら運転手描く場所なくなったw
しかし外に出したのがよかったらしいw さすがしおきゅん!!
ソレジャナイ!ソレジャナイヨ!!人だよ人!!!
えええええええええw
レテさん曰く「雪にささったスティックに見えた」。あー・・・見えるわ・・・w
これは見事なスティックでw
デスヨネー。このまま無機物でいくのかな・・・( = =)
おお!人だ!スキーヤーだ!ってちがうわー!!!
余談ですが、答え当てをやってるときに通りかかったたまさんに「ドライバーってお題が出てね」と言ったら「ああ、これ?」といってゴルフのスイングをしました。ニポンゴムツカシイデースwww






これまた抽象的なw 今回はこんなお題ばっかでしたねー。フタを開けたら、去年の12/3にやったようなストーリー仕立てになっていました。
事業に失敗し・・・。
連帯保証人になった親友に逃げられ・・・。
去年建てたばかりのマイホームを差し押さえられ・・・。
女房は子供を連れて出て行った・・・。



もう、俺にはなにもない・・・・。

・・・待てよ。

なにもなくはないよな。
そうだよ俺にはアイちゃんがいるじゃねえか。
こんな絶望の淵に立つ俺を慰めてもらおう。そうしよう。

金がねえとダメだとさー。ちぇーっ。
まーしゃーねーかぁ。銀座一の店だもんなー。

・・・金のかからないヤツか。
アイツどうしてるかな。別れ際わんわん泣いてすがってきたもんな。まだ俺のこと忘れられなかったりして。ちょっと電話してみよかな。

彼氏いたよ・・・。デスヨネー。遅いデスヨネー。

あー。どうすっかな。とりあえず慰めてもらうのは諦めるか。
さーて。しゃーねーなー。とんずらしたあの野郎でも探すかー。


あーあε-(ーдー)
~fin~



いかがでしたでしょうか。毎回なにかしらドラマを生んでくれる、重げ会メンバーとのテレストレーションが大好きです。
誰も希望していなくても、誰かが疲れた頭をリフレッシュしたいとき「やりたい」と一言いえば面子が揃いますのでお気軽にどうぞ!皆さんも是非一度遊んでみて下さい(*´∇`*)

[02/11] TADAAAM!

久々のお絵かきゲームでございます。今回は、しおくんが持って来てくれた『TADAAAM!』。「タダーム」は「ジャジャーン」という意味らしく、1人がお題の右半分だけを描き、見せずに隣へ渡し、もう1人がその左半分を描いて、第三者にお題を当ててもらうゲームです。 ルールの詳細はすごろくやさんのゲーム紹介記事をご覧下さい。

この日は4~5つのお題で遊んだのですが、その中でもおそらく最も難しい「B」のお題・人物名が最高に盛り上がりました。全員「無理」「描けない」を連発しながらも9つのお題すべてに正解者が出るという素晴らしい出来栄え。画像多めですが是非是非ご覧下さい!


お題「ウルヴァリン」
いきなりキター!!!!マーブルヒーロー!!この絵のなにが凄いって、左右にスーツ着用前と後が描かれててデザイン性も高いこと。ポスターみたいーw


お題「切り裂きジャック」
ちょうど斜め向こうの卓で「ホワイトチャペル」が立ってる最中のこのお題。あざといなさすがダイス目あざとい。帽子と刃物の特徴だけでなんとか当ててもらった作品。


お題「アインシュタイン」
アインシュタインといえばやっぱりこの顔!これは当てる人多かったし早かった!ひささんは巧いなぁw


お題「モハメド・アリ」
わかんないけどスポーツ選手だからなんとかなったシリーズその1。ボクシング → 有名選手で各自1人ずつ回答していってその中に答えあったー!という、ちょっとずるい仕様でしたがこれは仕方ない。


お題「ユリウス・カエサル」
テルマエ・ロマエ読んでてよかったーって思いましたが描けたのはこの程度です。それでも回答は早かったですねえ。絵の技量に関わらず、ピンときた人にはすぐ伝わる。そこがお絵かきゲームの素晴らしいところだと思います。


お題「アームストロング」
もふこくんが描いたのが鋼の錬金術師のアームストロング、しおくんが描いたのが宇宙飛行士のアームストロング。世代のギャップがモロに出た面白い作品となりましたw


お題「ララ・クロフト」
こんなお題出んのか・・・w この世で最も美しく成長を続けるヒロイン。ゲームのお題にされるほどの人気とは・・・甘かったw


お題「セリーヌ・ウイリアムズ」
わかんないけどスポーツ選手だからなんとかなったシリーズその2。女子テニス → 有名選手でまた各自1人ずつ回答。よーく見るとレテさんの絵の方は黒く塗ってあって、そのへんがヒントになりましたね。


お題「バックスバニー」
これ、速攻で当てられてたんだけどなんで?!w アメリカ → キャラクター → ウサギ だからか?それにしても即正答はないだろうwすげえ!!w

あー、もう、ほんとお絵かきゲームって面白いよね!重げで凝った頭をほぐすのにピッタリですw

[12/03] テレストレーション

みんな大好きテレストレーション。今回は8人中5人が未プレイで、是非やってみたいとのリクエストを受けての登場です。うれしいですねぇ(*´∀`*)
左回りと右回りの2回プレイして、パーフェクトが3作品・MVPが2作品です。思わず2度見確実な奇跡や感動のサクセスストーリーなど、見所たっぷり!!

作品を見ていただく前にこのゲームについて軽くご説明します。テレストレーションは4人~8人まで遊べるお絵かき伝言ゲームです。
各自9ページあるホワイトボードのノートとペンを手渡され、お題カードをランダムで選びます。お題カードには片面6つ、両面合わせて12個のお題が書かれているのでサイコロを振って出た目のお題を選びます。お題カードのどちらの面を使うかは、ゲームの準備中にGMが決めておきます。お題が決まったら自分の名前とお題を書いて準備完了。以下、こんな風に進みます。

    8人ver.
  1. ページ「1」にスタートプレイヤーが絵を描く。(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  2. ページ「2」に「1」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  3. ページ「3」に「2」の文字を見て絵を描く(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  4. ページ「4」に「3」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  5. ・・・・・・ページ「8」まで交互に絵と文字で伝言していく
  6. ノートが一周しスタートプレイヤーに返ってきたら答え合わせ
  7. 禁止項目:記号・台詞・ムック

まず1つめのパーフェクト。
こちらのお題では、これ以上ない奇跡が起きました。
とりあえずブタを3匹。
これだけで伝わるんだからこのお話は凄いと思いますw
ちなみに完全版というのがあるようです。(完全版、三匹のこぶた
ん?・・・あれ?デジャブ?!前にもこれとそっくりな絵を見たぞ?!
コレダ!!
会場のみんなに見せたら、すえこさんご本人を含めて大爆笑。ここまで似るなんてw
わたしの選択肢は3つ。
① 深読みして「ブーブークッション
② ウケ狙いで「農村」
③ 素直に「3匹のこぶた」

市村さんとすえこさんは初対面だし、市村さんはうちのサイト見てないし、ウケに走っても喜ぶのは10/29に参加してた人らだけでなんの面白味もないので素直に。
お前は・・・またAAに走ろうとして・・・。でもくまちゃんがんばった。がんばって必死に我慢して鼻描いたw


そして、パーフェクト!
マジで「3匹のこぶた」だったのかと安心しつつ改めてこの奇跡に驚きました。あるものなんですねぇ、こんな偶然。これからもこのゲームを続けていけば、こんな偶然も起こると思いますが素直な心で臨むことが一番ですねw



次に2つめのパーフェクト。
やっぱり身近なものはパーフェクト出やすいですねー。こちらの作品では、1番手の絵と7番手の絵がソックリという奇跡が起きました。







お題役のどきゅんさんが「自信あります」というだけあって不安な要素のひとつもないカンペキなパーフェクトでした!



左回りのMVP作品です。
こちらは伝言ゲームであるにもかかわらず、ある男のサクセスストーリーをプレイヤー全員で描いたという珍しい作品となりました。
男の朝は早い。使い込んだ網を抱えて海辺に行き、投げ込む。男には夢があった。「いつか、大きな船を」
そうすれば沖で漁ができる。こんな浅瀬の小さい魚ではなく、もっと大きな魚を家族に食わせてやれる。男は毎日登る朝陽に向かって「やってやる」と自分を奮い立たせるのだった。

男はある日、コツコツと貯めた金で小船を買った。念願の船である。今までより少し沖合いに出て、今までより少し大きい魚を獲れるようになった。家族も喜んだ。しかし、男の夢は終わらない。

ずっとずっと沖合いで男の姿を見るようになった。男の乗る船には立派なエンジンがついている。今では、海上からでは魚の姿が見えないほど沖合いで漁をするようになった。男はがむしゃらに働き、夢を実現していくのが楽しくて仕方ない。家族は男の体調を心配しつつもイキイキと出掛ける男の横顔を見るのがうれしかった。男はもう、一人前の漁師の顔をしていた。

そしていつしか、男は船に乗らなくなった。会社を立ち上げ、部下を雇い、数十隻という漁船群の指揮をとっている。毎早朝に通ったあの浅瀬近くに建つ社屋の中の、かつて憧れたあの沖合いを一望できる社長室のイスに座る男の心はいつでも波間に揺れている。
男の夢は、叶ったのだ。
~fin~



さてこちらは3つめのパーフェクト。
ただのハチではなく女王バチと指定がついたお題ではありますが、見事に伝わりました。







だんだんと単純なお題以外もパーフェクトが出るようになって、レベルが上がっているのがわかりますねーw



最後は右回りのMVP作品です。
この作品はとにかく惜しかった。とても難しいお題なのに、5番手まで伝わってるというレベルの高さ。







いやぁもうホント惜しい。でも難しいですよね、このお題。もっとも、フラグフットボールなんてお題に比べたら簡単でしょうけど、1分間で絵で表現するのはなかなか難しい。


今回もとても楽しかったです。次回はどんな奇跡が生まれるでしょうか。乞うご期待!!