カテゴリー : 報告

[04/21] テレストレーション

一日中重いゲームをプレイしているとこのゲームをやりたくなる中毒者が集まって久々にテレりました。(←流行らせようコレ!w)
今回は7人でのプレイでしたので、ページ「7」の絵を見て「これなーんだ?」と最終的な答えを全員で答えてページ「8」に書くというルールにしました。パーフェクトこそ出ませんでしたがもちろん大爆笑のMVPが3作品!何度やってもコレジャナイ感がハンパなくてたまりませんw

作品を見ていただく前にこのゲームについて軽くご説明します。テレストレーションは4人~8人まで遊べるお絵かき伝言ゲームです。
各自9ページあるホワイトボードのノートとペンを手渡され、お題カードをランダムで選びます。お題カードには片面6つ、両面合わせて12個のお題が書かれているのでサイコロを振って出た目のお題を選びます。お題カードのどちらの面を使うかは、ゲームの準備中にGMが決めておきます。お題が決まったら自分の名前とお題を書いて準備完了。以下、こんな風に進みます。

    8人ver.
  1. ページ「1」にスタートプレイヤーが絵を描く。(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  2. ページ「2」に「1」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  3. ページ「3」に「2」の文字を見て絵を描く(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  4. ページ「4」に「3」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  5. ・・・・・・ページ「8」まで交互に絵と文字で伝言していく
  6. ノートが一周しスタートプレイヤーに返ってきたら答え合わせ
  7. 禁止項目:記号・台詞・ムック


なんですか・・・この抽象的にもほどがあるこのお題は。「くたくた」を絵に描けと。しかも1分で。あほかw
検索にひっかかるのはどれもぬいぐるみばかり。これは難題だ。どうするしおくん・・・!
しおくんの答えはこちら。
あー、なんかぐったりはしてる。ぐったりはしてるが犬だ。イヤな予感しかしないw
ほらやっぱり犬に注目されたーw ダヨネーw
ゴールデンレトリバー → 盲導犬
と読んだレテさん。しかし・・・
ペンタさんにハーネスは伝わらなかったw
水無月さん曰く「首輪といえばブルドックとかのギザギザでしょー!」
そのトゲトゲがアダにwwwwwww
いやもうカッパ描くしか(´・ω・`)
全員一致でカッパ。くたくたどこ行ったw このお題は酷いわぁw





これまたわたしの生活になんの接点もないお題キター。
検索した画像見たらああこうやって描けばよかったななんて思うけど、ゲーム中はリムジンだってわかってもらおうと必死で気づいたら運転手描く場所なくなったw
しかし外に出したのがよかったらしいw さすがしおきゅん!!
ソレジャナイ!ソレジャナイヨ!!人だよ人!!!
えええええええええw
レテさん曰く「雪にささったスティックに見えた」。あー・・・見えるわ・・・w
これは見事なスティックでw
デスヨネー。このまま無機物でいくのかな・・・( = =)
おお!人だ!スキーヤーだ!ってちがうわー!!!
余談ですが、答え当てをやってるときに通りかかったたまさんに「ドライバーってお題が出てね」と言ったら「ああ、これ?」といってゴルフのスイングをしました。ニポンゴムツカシイデースwww






これまた抽象的なw 今回はこんなお題ばっかでしたねー。フタを開けたら、去年の12/3にやったようなストーリー仕立てになっていました。
事業に失敗し・・・。
連帯保証人になった親友に逃げられ・・・。
去年建てたばかりのマイホームを差し押さえられ・・・。
女房は子供を連れて出て行った・・・。



もう、俺にはなにもない・・・・。

・・・待てよ。

なにもなくはないよな。
そうだよ俺にはアイちゃんがいるじゃねえか。
こんな絶望の淵に立つ俺を慰めてもらおう。そうしよう。

金がねえとダメだとさー。ちぇーっ。
まーしゃーねーかぁ。銀座一の店だもんなー。

・・・金のかからないヤツか。
アイツどうしてるかな。別れ際わんわん泣いてすがってきたもんな。まだ俺のこと忘れられなかったりして。ちょっと電話してみよかな。

彼氏いたよ・・・。デスヨネー。遅いデスヨネー。

あー。どうすっかな。とりあえず慰めてもらうのは諦めるか。
さーて。しゃーねーなー。とんずらしたあの野郎でも探すかー。


あーあε-(ーдー)
~fin~



いかがでしたでしょうか。毎回なにかしらドラマを生んでくれる、重げ会メンバーとのテレストレーションが大好きです。
誰も希望していなくても、誰かが疲れた頭をリフレッシュしたいとき「やりたい」と一言いえば面子が揃いますのでお気軽にどうぞ!皆さんも是非一度遊んでみて下さい(*´∇`*)

[02/11] TADAAAM!

久々のお絵かきゲームでございます。今回は、しおくんが持って来てくれた『TADAAAM!』。「タダーム」は「ジャジャーン」という意味らしく、1人がお題の右半分だけを描き、見せずに隣へ渡し、もう1人がその左半分を描いて、第三者にお題を当ててもらうゲームです。 ルールの詳細はすごろくやさんのゲーム紹介記事をご覧下さい。

この日は4~5つのお題で遊んだのですが、その中でもおそらく最も難しい「B」のお題・人物名が最高に盛り上がりました。全員「無理」「描けない」を連発しながらも9つのお題すべてに正解者が出るという素晴らしい出来栄え。画像多めですが是非是非ご覧下さい!


お題「ウルヴァリン」
いきなりキター!!!!マーブルヒーロー!!この絵のなにが凄いって、左右にスーツ着用前と後が描かれててデザイン性も高いこと。ポスターみたいーw


お題「切り裂きジャック」
ちょうど斜め向こうの卓で「ホワイトチャペル」が立ってる最中のこのお題。あざといなさすがダイス目あざとい。帽子と刃物の特徴だけでなんとか当ててもらった作品。


お題「アインシュタイン」
アインシュタインといえばやっぱりこの顔!これは当てる人多かったし早かった!ひささんは巧いなぁw


お題「モハメド・アリ」
わかんないけどスポーツ選手だからなんとかなったシリーズその1。ボクシング → 有名選手で各自1人ずつ回答していってその中に答えあったー!という、ちょっとずるい仕様でしたがこれは仕方ない。


お題「ユリウス・カエサル」
テルマエ・ロマエ読んでてよかったーって思いましたが描けたのはこの程度です。それでも回答は早かったですねえ。絵の技量に関わらず、ピンときた人にはすぐ伝わる。そこがお絵かきゲームの素晴らしいところだと思います。


お題「アームストロング」
もふこくんが描いたのが鋼の錬金術師のアームストロング、しおくんが描いたのが宇宙飛行士のアームストロング。世代のギャップがモロに出た面白い作品となりましたw


お題「ララ・クロフト」
こんなお題出んのか・・・w この世で最も美しく成長を続けるヒロイン。ゲームのお題にされるほどの人気とは・・・甘かったw


お題「セリーヌ・ウイリアムズ」
わかんないけどスポーツ選手だからなんとかなったシリーズその2。女子テニス → 有名選手でまた各自1人ずつ回答。よーく見るとレテさんの絵の方は黒く塗ってあって、そのへんがヒントになりましたね。


お題「バックスバニー」
これ、速攻で当てられてたんだけどなんで?!w アメリカ → キャラクター → ウサギ だからか?それにしても即正答はないだろうwすげえ!!w

あー、もう、ほんとお絵かきゲームって面白いよね!重げで凝った頭をほぐすのにピッタリですw

[01/21]第5回活動報告

遅くなりましたが第5回重げ会の活動報告です!(ほんとに遅いよ!)

参加者はたしか17名くらいでした。参加していただいた皆さんお疲れ様でした。
それでは会の様子を簡単にご紹介します。

スポットイット!

しょっぱなの肩慣らしにイシヅカさん持込の絵合わせ系アクションカードゲーム。各カードで一つだけ同じ絵があるのを利用したアクションゲームです。
ルールが6種類あって、どれも超盛り上がってました。自分は入らなかったんですがあまりにも面白そうだったので買っちゃいましたw

ジャイプル

二人用カードゲームの傑作タイトルです。一度にいっぱい交易するとボーナスが付くので溜め込みたいところですが、得点が高いチップは先取り制なのです。運も戦略も要求されるいいゲームだと思います。

バイオスメガファウナ

知恵熱さん持込のバイオスメガファウナです。オリジンズとかハイフロンティアで有名なPhil Eklundの「アメリカン・メガファウナ」のリメイクで、恐竜の祖先と哺乳類の祖先が北米大陸の覇権をかけて争うゲームらしいです。今回のプレイ時間は3時間くらいだったかな?

K2

毎度おなじみK2です。これも人気の定番タイトルですねー。毎回立ってる気がします。最近は冬山悪天候でも普通にみなさん山頂にいたりしてびっくりしますね・・w

エクリプス

海外で超注目されてるエクリプスです。イシヅカさんに持込していただきました。いち早く殺人ビームを開発したたる田は緑帝国を率いて銀河の中央に覇権を唱えに行きましたが、周囲に攻め入るタイミングを見逃したせいでイシヅカさんの科学力宇宙人に得点で届かず2位でした。回避力と移動力を上げとかないとミサイル要塞に阻まれてひどい目に遭いますね!これも何度も遊びたいタイトルです。かなり面白かったです。

ムンドゥスノーヴス

噂の航海トレードカードゲームです。イシヅカさんに持込していただきました。たかみぃさんが金施設を集めて75ダブロン勝利にリーチをかけたあたりで、順調に倉庫と船で手札を10枚にした上に倉庫にインカをためこんでたイシヅカさんがカード全種そろえて勝利!横で見てるほうがはらはらしましたね。

村の人生

コメント最近出たタイトルの中でも特に人気あるのがこちら。独特のテーマに惹かれますw 今回も2回立ってました。
このゲーム、遊ぶメンバーでかなり展開が変わるようなので、何度も遊んでみると違った面が見えるかもしれません。結構オススメのゲームです。

ハイフロンティア

ひぐちさん持ち込みのハイフロンティア拡張込みです。あふれる宇宙ロマンが堪能できます。インスト込みで6時間くらいでした。盤面見て面白そうだなと思う方にはオススメできる一品です。

レーベンヘルツ

陣取りの名作レーベンヘルツです。これ大好きなんですが、立つときはだいたいなんか別のやっててはいれないという・・。この間旧版が手に入ったのでまた今度もって行こうかと思います。

ドラムロール

ギリシャ発のサーカスマネジメントゲームです。団員にショーをさせて報酬を得るんですが、維持費が非常に馬鹿にならず、無計画に芸人を増やすとあとでとんでもなく苦労します。
引退させると得点が入って維持費が下がるんですが、能力が使えなくなるので、早めに引退させて楽をするかどうかが考えどころですね。
今回のプレイでは、全員サーカスをでかくしつづけて、キューブ増加職員を使ってはやめに引退させ続けたたまさんがリードしてそのまま逃げ切りそうになりましたが、得点カードを溜め込んだたたる田の逆転勝利でした。一度回さないとわかりにくい部分もあるので、何度かプレイしたほうが真価が発揮されそうなタイトルだと思います。

シティタイクーン

配られたタイルをドラフトして、お金を払って建築していく市街建築ゲームです。建てた施設で利益を出すには資源を供給してやる必要があるのですが、資源が有限だったり遠いと金がかかったりと難儀する感じのゲームです。インストしたクマーが連鎖建物使ってうまーしたら、他のみなさんに「ああん?」っていう感じの反応をされたとかで非常に楽しそうでした。

あとエミネントドメインがたってたと思うのですが、写真撮りわすれました・・・その他いろいろプレイされておりました。

今回も丸一日皆さんと楽しめました。参加していただきました皆様、ありがとうございました。
また次回もよろしくお願いいたします!

[12/03]第4回活動報告

第4回重げ会の活動報告です!
参加者は主催あわせて22名でした。参加していただいた皆様ありがとうございました。
尚、参加者の大新さん( @shzwtk )と水無月さんが重げ会の様子をレポってくれているのでそちらも是非ご覧くださいねー。

ペルガメムノン

人が集まるまでの時間で、まずはファンタジー要素の入った古代ローマ時代のデッキビルド風味カードゲームをプレイ。手番でできることが「誰かを殴る」か「カードを買う」のどちらかで、戦闘を仕掛けたら負けた側が手番を失うという変り種。けっこうさくさくプレイできてお手軽な感じでした。またこのときはルールを一部間違えて解釈していたので、また今度正しいルールでやりたいと思います。(たる田)

アンダーマイニング

どっかの惑星に行って、ドリルの付いたマシンで資源を掘りまくるという素敵テーマゲー。
手番が来たらアクションポイントを使って掘ったり移動したり資源使ってマシンを強化したりします。写真には写ってないですが、自機のボードに強化パーツ用の穴が開いていて、そこにパーツはめて表現するところが雰囲気が出ててよいですねー。
先手番がかなり有利とか、異星人カード強すぎとかの話もありますが、このゲーム、参加者の方にはおおむね好評でした。まあオトコならみんなドリル好きですよね。(たる田)

大噴火

最大人数の6人でプレイしてみたら、溶岩タイルが散っちゃって全然温度が上がらずちっともスリリングじゃないという。村の温度が上がってからが本当の大噴火。このゲームの適正人数は3~4人なのかもしれません。(しのぽ)

遺言

おじさんの遺産を使いまくって最初に借金生活に突入したひとが遺産を相続できるというゲーム。
「つまりこのカードをつけて不動産を売ればより損が出来て得なんですね?」みたいなおかしな会話が繰り広げられてました。損をするのが目的っていうのは斬新でしたw
「手番順とドロー枚数とアクション数を順番に選択」→「オープンカードをワーカープレイスメント方式で選択」→「AP方式で手札のカードをプレイ」という流れで進行します。手札と意見が合わないとうまく浪費できなくてやきもきします。
ちょっとアイコンがわかりにくかったりもしますが、なかなかの佳作だと思います。(たる田)

ダイナマイトナース・リターンズ

名作ダイナマイトナースのリメイク、というかモチーフだけ同じであとは別物のデッキビルドゲーム。ぬこも杓子もデッキビルドゲーなので最近食傷気味なんですが、これは面白かったです。(たる田)

忍者刀

源平の時代をモチーフにした勘違い日本文化ゲーです。今回自分は同卓してないんですが、前にプレイしたときに後白河を「あとしらかわ」って読んでしのぽに違うって怒られまくってました。家紋とか、登場人物とかの考証は割とされているらしかったですが、ところどころに「Maro」とか出てくるので吹きますw いまだに「Gosuto」の意味がわかりませんがゴーストのことなんだろうか・・・
ゲーム自体は「盤上の3勢力の操作」と「それに対する影響力マジョリティ」と「ボーナスカード」で得点するいたってまじめなゲームです。ボーナスカードのアイコンが高天原さんの伊能大図とそっくりでびっくりしました。プレイしたのは山田さん、アリタさん、うにぷま、くまーの4名で、山田さんの勝利でした。(たる田)

リオドロ

橋を渡っていって宝物を持ち帰ってくるダイスゲー。時々橋がぶっ壊れて転落したりしますが、言うほど壊れなかったりします。(しかも結構すぐ直る)
同じマスに止まると、前にいた人を1マス先に押せるので、それを利用して川に突き落としたりするのを狙います。終了時に宝物を一番持っていたことが勝ち。(たる田)

タケノコ

中国から寄贈されたパンダを笹ではなく竹の子を食べさせて育てる・・・と思いきやあんまり食べられたくないという意味不明さが魅力のエッセン2011新作。ゲーム自体は非常に軽く、コンポーネントも可愛らしいので幅広い年齢層に受けそう。女性受けよさげですね。(しのぽ)

セリオン011

ラグナロクを回避するために、選ばれた奏者を探し出し創世のオルガンを奏でるのが目的という、北欧神話とスチームパンクを組み合わせた世界観で行われるゲームです。デザイナーの人は中二発症しすぎだとおもいます。(たる田)

ドレッドフリート

sinetさんにお願いして持ってきてもらったこのゲームはなんといってもコンポーネントのひとつひとつがカッコイイ!!!
でもカッコイイだけじゃありません。とても熱い漢なゲームでした。手前味噌で申し訳ありませんが、その模様を自分のブログでレビューしましたのでよかったらご覧下さい。(しのぽ)

ギルド

高天原さんの新作のカードゲーム。ピラミッド上にカードを積み重ねて効果を発動させていきます。
カードの競が独特で、「入札でトップだった人からカードを選ぶ」けど、「カード1枚あたりの値段が入札チップを払った枚数」で、「購入できるカード枚数が入札チップを払った枚数まで」という方式。2枚ビッドしたらカード2枚を各2円、みたいな感じです。実はまだ未プレイなのでプレイしたいところ。

51番目の州・新世紀

51番目の州の拡張ですが、単体でもプレイできるようです。いいゲームらしいんですが、カードの読み方に慣れるまで大変らしいですね。(たる田)

ゾンビリーバボー

警官vsゾンビというバカゲー(褒め言葉)。ゾンビ側はプレイ中にゾンビっぽくしか喋れないというルールがあるそうです。
プレイ中に別卓の方がお帰りになるシーンがあったのですが、盛大にゾンビに送られてましたw(たる田)

ウボンゴ3D

制限時間内にお題のブロックを使って2段に積むゲーム。初めてやったときは「こんなもんできるか!w」みたいな気分になりましたが、何度かやってると急激にうまくなっていきます。脳のつかってなかった部分を開発される感じですね、ただほかのことの役にはたちそうもないですけど。そのうちExにも手を出してみたいです。(たる田)

ヴォーパルズ

大爆笑カレーさん制作の大人気ドラフトゲー。写真のはこないだ出た2版のほうですかね。1版もってるんですがまだプレイしていないのです・・・いつかやりたいと思います。(たる田)

ケベック

ケベックの400年を表現したケベック建設ゲーム。建築士を送り込んだり労働者を送り込んだりして点数を稼ぐゲームです。自分の行動が、自分だけでなく必ず誰かの点に結びつくゲームなので、誰に点をやるかよく考える必要があります。イベントカード以外はすべてオープン情報なので、かなりアブストラクト色が強かったです。何度かプレイしたいですねー。(たる田)

コロニアル

大航海時代の列強諸国の海洋冒険ゲーです。今回はルール翻訳者のいたるさんが参加されてたので、インストをお任せしました。ありがとうございます。
直接攻撃要素のあるマルチゲームで10点先取なので、リーチがかかってからが勝負ですねー。自分も参加したかったです。(たる田)

 

今回も丸一日皆さんと楽しめました参加していただきました皆様、ありがとうございました。
みなさんも楽しんでいただけていれば嬉しいです。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

[12/03] テレストレーション

みんな大好きテレストレーション。今回は8人中5人が未プレイで、是非やってみたいとのリクエストを受けての登場です。うれしいですねぇ(*´∀`*)
左回りと右回りの2回プレイして、パーフェクトが3作品・MVPが2作品です。思わず2度見確実な奇跡や感動のサクセスストーリーなど、見所たっぷり!!

作品を見ていただく前にこのゲームについて軽くご説明します。テレストレーションは4人~8人まで遊べるお絵かき伝言ゲームです。
各自9ページあるホワイトボードのノートとペンを手渡され、お題カードをランダムで選びます。お題カードには片面6つ、両面合わせて12個のお題が書かれているのでサイコロを振って出た目のお題を選びます。お題カードのどちらの面を使うかは、ゲームの準備中にGMが決めておきます。お題が決まったら自分の名前とお題を書いて準備完了。以下、こんな風に進みます。

    8人ver.
  1. ページ「1」にスタートプレイヤーが絵を描く。(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  2. ページ「2」に「1」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  3. ページ「3」に「2」の文字を見て絵を描く(砂時計で1分)→ 左の人に渡す
  4. ページ「4」に「3」の絵を見て文字を書く → 左の人に渡す
  5. ・・・・・・ページ「8」まで交互に絵と文字で伝言していく
  6. ノートが一周しスタートプレイヤーに返ってきたら答え合わせ
  7. 禁止項目:記号・台詞・ムック

まず1つめのパーフェクト。
こちらのお題では、これ以上ない奇跡が起きました。
とりあえずブタを3匹。
これだけで伝わるんだからこのお話は凄いと思いますw
ちなみに完全版というのがあるようです。(完全版、三匹のこぶた
ん?・・・あれ?デジャブ?!前にもこれとそっくりな絵を見たぞ?!
コレダ!!
会場のみんなに見せたら、すえこさんご本人を含めて大爆笑。ここまで似るなんてw
わたしの選択肢は3つ。
① 深読みして「ブーブークッション
② ウケ狙いで「農村」
③ 素直に「3匹のこぶた」

市村さんとすえこさんは初対面だし、市村さんはうちのサイト見てないし、ウケに走っても喜ぶのは10/29に参加してた人らだけでなんの面白味もないので素直に。
お前は・・・またAAに走ろうとして・・・。でもくまちゃんがんばった。がんばって必死に我慢して鼻描いたw


そして、パーフェクト!
マジで「3匹のこぶた」だったのかと安心しつつ改めてこの奇跡に驚きました。あるものなんですねぇ、こんな偶然。これからもこのゲームを続けていけば、こんな偶然も起こると思いますが素直な心で臨むことが一番ですねw



次に2つめのパーフェクト。
やっぱり身近なものはパーフェクト出やすいですねー。こちらの作品では、1番手の絵と7番手の絵がソックリという奇跡が起きました。







お題役のどきゅんさんが「自信あります」というだけあって不安な要素のひとつもないカンペキなパーフェクトでした!



左回りのMVP作品です。
こちらは伝言ゲームであるにもかかわらず、ある男のサクセスストーリーをプレイヤー全員で描いたという珍しい作品となりました。
男の朝は早い。使い込んだ網を抱えて海辺に行き、投げ込む。男には夢があった。「いつか、大きな船を」
そうすれば沖で漁ができる。こんな浅瀬の小さい魚ではなく、もっと大きな魚を家族に食わせてやれる。男は毎日登る朝陽に向かって「やってやる」と自分を奮い立たせるのだった。

男はある日、コツコツと貯めた金で小船を買った。念願の船である。今までより少し沖合いに出て、今までより少し大きい魚を獲れるようになった。家族も喜んだ。しかし、男の夢は終わらない。

ずっとずっと沖合いで男の姿を見るようになった。男の乗る船には立派なエンジンがついている。今では、海上からでは魚の姿が見えないほど沖合いで漁をするようになった。男はがむしゃらに働き、夢を実現していくのが楽しくて仕方ない。家族は男の体調を心配しつつもイキイキと出掛ける男の横顔を見るのがうれしかった。男はもう、一人前の漁師の顔をしていた。

そしていつしか、男は船に乗らなくなった。会社を立ち上げ、部下を雇い、数十隻という漁船群の指揮をとっている。毎早朝に通ったあの浅瀬近くに建つ社屋の中の、かつて憧れたあの沖合いを一望できる社長室のイスに座る男の心はいつでも波間に揺れている。
男の夢は、叶ったのだ。
~fin~



さてこちらは3つめのパーフェクト。
ただのハチではなく女王バチと指定がついたお題ではありますが、見事に伝わりました。







だんだんと単純なお題以外もパーフェクトが出るようになって、レベルが上がっているのがわかりますねーw



最後は右回りのMVP作品です。
この作品はとにかく惜しかった。とても難しいお題なのに、5番手まで伝わってるというレベルの高さ。







いやぁもうホント惜しい。でも難しいですよね、このお題。もっとも、フラグフットボールなんてお題に比べたら簡単でしょうけど、1分間で絵で表現するのはなかなか難しい。


今回もとても楽しかったです。次回はどんな奇跡が生まれるでしょうか。乞うご期待!!