[12/03]第4回活動報告

第4回重げ会の活動報告です!
参加者は主催あわせて22名でした。参加していただいた皆様ありがとうございました。
尚、参加者の大新さん( @shzwtk )と水無月さんが重げ会の様子をレポってくれているのでそちらも是非ご覧くださいねー。

ペルガメムノン

人が集まるまでの時間で、まずはファンタジー要素の入った古代ローマ時代のデッキビルド風味カードゲームをプレイ。手番でできることが「誰かを殴る」か「カードを買う」のどちらかで、戦闘を仕掛けたら負けた側が手番を失うという変り種。けっこうさくさくプレイできてお手軽な感じでした。またこのときはルールを一部間違えて解釈していたので、また今度正しいルールでやりたいと思います。(たる田)

アンダーマイニング

どっかの惑星に行って、ドリルの付いたマシンで資源を掘りまくるという素敵テーマゲー。
手番が来たらアクションポイントを使って掘ったり移動したり資源使ってマシンを強化したりします。写真には写ってないですが、自機のボードに強化パーツ用の穴が開いていて、そこにパーツはめて表現するところが雰囲気が出ててよいですねー。
先手番がかなり有利とか、異星人カード強すぎとかの話もありますが、このゲーム、参加者の方にはおおむね好評でした。まあオトコならみんなドリル好きですよね。(たる田)

大噴火

最大人数の6人でプレイしてみたら、溶岩タイルが散っちゃって全然温度が上がらずちっともスリリングじゃないという。村の温度が上がってからが本当の大噴火。このゲームの適正人数は3~4人なのかもしれません。(しのぽ)

遺言

おじさんの遺産を使いまくって最初に借金生活に突入したひとが遺産を相続できるというゲーム。
「つまりこのカードをつけて不動産を売ればより損が出来て得なんですね?」みたいなおかしな会話が繰り広げられてました。損をするのが目的っていうのは斬新でしたw
「手番順とドロー枚数とアクション数を順番に選択」→「オープンカードをワーカープレイスメント方式で選択」→「AP方式で手札のカードをプレイ」という流れで進行します。手札と意見が合わないとうまく浪費できなくてやきもきします。
ちょっとアイコンがわかりにくかったりもしますが、なかなかの佳作だと思います。(たる田)

ダイナマイトナース・リターンズ

名作ダイナマイトナースのリメイク、というかモチーフだけ同じであとは別物のデッキビルドゲーム。ぬこも杓子もデッキビルドゲーなので最近食傷気味なんですが、これは面白かったです。(たる田)

忍者刀

源平の時代をモチーフにした勘違い日本文化ゲーです。今回自分は同卓してないんですが、前にプレイしたときに後白河を「あとしらかわ」って読んでしのぽに違うって怒られまくってました。家紋とか、登場人物とかの考証は割とされているらしかったですが、ところどころに「Maro」とか出てくるので吹きますw いまだに「Gosuto」の意味がわかりませんがゴーストのことなんだろうか・・・
ゲーム自体は「盤上の3勢力の操作」と「それに対する影響力マジョリティ」と「ボーナスカード」で得点するいたってまじめなゲームです。ボーナスカードのアイコンが高天原さんの伊能大図とそっくりでびっくりしました。プレイしたのは山田さん、アリタさん、うにぷま、くまーの4名で、山田さんの勝利でした。(たる田)

リオドロ

橋を渡っていって宝物を持ち帰ってくるダイスゲー。時々橋がぶっ壊れて転落したりしますが、言うほど壊れなかったりします。(しかも結構すぐ直る)
同じマスに止まると、前にいた人を1マス先に押せるので、それを利用して川に突き落としたりするのを狙います。終了時に宝物を一番持っていたことが勝ち。(たる田)

タケノコ

中国から寄贈されたパンダを笹ではなく竹の子を食べさせて育てる・・・と思いきやあんまり食べられたくないという意味不明さが魅力のエッセン2011新作。ゲーム自体は非常に軽く、コンポーネントも可愛らしいので幅広い年齢層に受けそう。女性受けよさげですね。(しのぽ)

セリオン011

ラグナロクを回避するために、選ばれた奏者を探し出し創世のオルガンを奏でるのが目的という、北欧神話とスチームパンクを組み合わせた世界観で行われるゲームです。デザイナーの人は中二発症しすぎだとおもいます。(たる田)

ドレッドフリート

sinetさんにお願いして持ってきてもらったこのゲームはなんといってもコンポーネントのひとつひとつがカッコイイ!!!
でもカッコイイだけじゃありません。とても熱い漢なゲームでした。手前味噌で申し訳ありませんが、その模様を自分のブログでレビューしましたのでよかったらご覧下さい。(しのぽ)

ギルド

高天原さんの新作のカードゲーム。ピラミッド上にカードを積み重ねて効果を発動させていきます。
カードの競が独特で、「入札でトップだった人からカードを選ぶ」けど、「カード1枚あたりの値段が入札チップを払った枚数」で、「購入できるカード枚数が入札チップを払った枚数まで」という方式。2枚ビッドしたらカード2枚を各2円、みたいな感じです。実はまだ未プレイなのでプレイしたいところ。

51番目の州・新世紀

51番目の州の拡張ですが、単体でもプレイできるようです。いいゲームらしいんですが、カードの読み方に慣れるまで大変らしいですね。(たる田)

ゾンビリーバボー

警官vsゾンビというバカゲー(褒め言葉)。ゾンビ側はプレイ中にゾンビっぽくしか喋れないというルールがあるそうです。
プレイ中に別卓の方がお帰りになるシーンがあったのですが、盛大にゾンビに送られてましたw(たる田)

ウボンゴ3D

制限時間内にお題のブロックを使って2段に積むゲーム。初めてやったときは「こんなもんできるか!w」みたいな気分になりましたが、何度かやってると急激にうまくなっていきます。脳のつかってなかった部分を開発される感じですね、ただほかのことの役にはたちそうもないですけど。そのうちExにも手を出してみたいです。(たる田)

ヴォーパルズ

大爆笑カレーさん制作の大人気ドラフトゲー。写真のはこないだ出た2版のほうですかね。1版もってるんですがまだプレイしていないのです・・・いつかやりたいと思います。(たる田)

ケベック

ケベックの400年を表現したケベック建設ゲーム。建築士を送り込んだり労働者を送り込んだりして点数を稼ぐゲームです。自分の行動が、自分だけでなく必ず誰かの点に結びつくゲームなので、誰に点をやるかよく考える必要があります。イベントカード以外はすべてオープン情報なので、かなりアブストラクト色が強かったです。何度かプレイしたいですねー。(たる田)

コロニアル

大航海時代の列強諸国の海洋冒険ゲーです。今回はルール翻訳者のいたるさんが参加されてたので、インストをお任せしました。ありがとうございます。
直接攻撃要素のあるマルチゲームで10点先取なので、リーチがかかってからが勝負ですねー。自分も参加したかったです。(たる田)

 

今回も丸一日皆さんと楽しめました参加していただきました皆様、ありがとうございました。
みなさんも楽しんでいただけていれば嬉しいです。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

Share on Facebook

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。